英文维基 | 中文维基 | 日文维基

草榴社区 | 妖娆社区 | 激情小说 | 激情视频 | 色小鬼影视 | 国产精品

キシダマムシグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キシダマムシグサ
Arisaema kishidae 1.JPG
奈良県宇陀市 2022年5月上旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: オモダカ目 Alismatales
: サトイモ科 Araceae
: テンナンショウ属 Arisaema
: キシダマムシグサ A. kishidae
学名
Arisaema kishidae Makino ex Nakai (1917)[1]
和名
キシダマムシグサ

キシダマムシグサ(岸田蝮草、学名:Arisaema kishidae)は、サトイモ科テンナンショウ属多年草。別名、ムロウマムシグサ[2][3][4]

仏炎苞舷部の先端が細長く伸び、斜上するかまたはやや下方に垂れる。小型の株は雄花序をつけ、同一のものが大型になると雌花序または両性花序をつける雌雄偽異株で、雄株から雌株に完全に性転換する[3]

特徴[編集]

地下に扁球形の球茎があり、球茎上部からを出す。植物体の高さは15-50cmになる。偽茎部は葉柄部と同じ長さか偽茎部の方がやや長い。はふつう2個ときに1個つき、葉身は鳥足状に分裂し、小葉間の葉軸は発達する。小葉は5-7個になり、頂小葉は倒卵形から長楕円形で、小葉の長さは5.5-25cm、縁は全縁または鋸歯があり、しばしば中脈にそって白斑が生じ、小葉の先端は細まり、ふつうやや尾状に伸びる[2][3][4][5]

花期は、4-5月。花序と葉は同時に展開する。花序柄は長さ4-9cm、雄株の花序柄は葉柄より長く、雌株の花序柄は葉柄より短いことが多い。仏炎苞は淡紫褐色で微細な濃淡があり、ときに細かい紫色の斑点をつけ、白い条線があって不透明からやや半透明になる。ごくまれに緑色の仏炎苞をもつ個体がある。仏炎苞筒部は長さ4-8cm、筒部口辺部は狭く開出し、仏炎苞舷部は三角状の長卵形で、先端はしだいに細まって糸状に伸び、斜上するかまたはやや下方に垂れ、舷部は筒部の2倍以上の長さになる。花序付属体は有柄で棒状または棍棒状、先端はやや太まって径3-6mmになり、仏炎苞口辺部より明らかに突き出る。1つの子房中に4-10個の胚珠がある。果実は秋遅くに赤熟する。染色体数は2n=28[2][3][4][5]

分布と生育環境[編集]

日本固有種[6]。本州の岐阜県愛知県および近畿地方に分布し、低山地の林下、林縁に生育する[3][2][4][5]

名前の由来[編集]

和名キシダマムシグサは、洋画家岸田劉生の兄で、薬学者で植物採集家の岸田松若 (1888 - 1944) を記念したもの[2][7]中井猛之進 (1917) が『植物学雑誌』第31巻に本種を記載した際に、岸田松若が奈良県室生山で採集したものをタイプ標本とした。ただし、中井猛之進は当初、本種の和名をタイプ標本の採集地をとって「ムロウマムシグサ」とした経緯にある[8]。現在は「ムロウマムシグサ」はムロウテンナンショウ Arisaema yamatense (Nakai) Nakai (1925) [9] と紛らわしいので使用を避けているという[4]

種小名(種形容語)kishidae は、和名と同じ岸田松若への献名である[2][7]

近縁の種[編集]

本属の、同じマムシグサ節 Sect. Pistillataのマムシグサ群 A. serratum group に属する、アオテンナンショウ Arisaema tosaense Makino (1901)[10]とは、分布域が近畿地方西部を接点として隣接し、仏炎苞舷部の先端がしだいに細まって糸状に伸びること、小葉のつき方が似ているが、仏炎苞、花序付属体、花序柄の色が異なること、小葉の個数が異なることで区別できる[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ キシダマムシグサ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e f g 邑田仁 (2015)「サトイモ科」『改訂新版 日本の野生植物 1』pp.101-102
  3. ^ a b c d e 邑田仁・大野順一・小林禧樹・東馬哲雄 (2018)、『日本産テンナンショウ属図鑑』pp.196-198
  4. ^ a b c d e 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.196
  5. ^ a b c 『原色日本植物図鑑・草本編III』p.204
  6. ^ 『日本の固有植物』pp.176-179
  7. ^ a b 三宅克典、「岸田松若について」、東京薬科大学研究紀要第23号、2020年
  8. ^ Takenoshin Nakai , Notulæ ad Plantas Japoniæ et Koreæ XV. Arisaema kishidai, The Botanical Magazine, Tokyo,『植物学雑誌』, Vol.31, No.372, p.284, (1917).
  9. ^ ムロウテンナンショウ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  10. ^ アオテンナンショウ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]

  • 北村四郎・村田源・小山鐡夫共著『原色日本植物図鑑・草本編III』、1984年改訂、保育社
  • 加藤雅啓・海老原淳編著『日本の固有植物』、2011年、東海大学出版会
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 1』、2015年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、邑田仁・米倉浩司編集『新分類 牧野日本植物図鑑』、2017年、北隆館
  • 邑田仁・大野順一・小林禧樹・東馬哲雄著『日本産テンナンショウ属図鑑』、2018年、北隆館
  • 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  • 三宅克典、「岸田松若について」、東京薬科大学研究紀要第23号、2020年
  • Takenoshin Nakai , Notulæ ad Plantas Japoniæ et Koreæ XV. Arisaema kishidai, The Botanical Magazine, Tokyo,『植物学雑誌』, Vol.31, No.372, p.284, (1917).